取引の流れ

家借地権売買ではまず、地主の意向を確認する事から始まります。借地権の売買には必ず地主の承諾が必要です。これは最優先で確認される事項です。借地権売買のトラブルは幾つかありますが、その殆どが交渉不足による地主との行き違いです。逆に言うと、ここで地主の意向をしっかりと確認し条件など擦り合わせをしておけば、借地権売買の手続きはグッとスムーズに進みます。

地主との話し合いが終わり承諾を得る事ができて初めて、承諾料、第三者への売却条件など具体的な金額・条件の提案に入ります。この提案に借地権者と地主の両者が納得してようやく、底地取扱店は借地権社の借地権を買取し、借地権者に代わって地主との具体的な交渉に進みます。多くのトラブルはここで発生しますが、それは事前の話し合いが上手くできていないためです。

地主との交渉は金銭面については勿論ですが、土地の使い道についても重要な話合いのポイントです。地主にとって土地は先祖から受け継いだ伝統ある財産です。そこには地主当人でないと分からない思い入れがあります。その土地がどのように使われるのかを具体的に示す事で、地主も安心して交渉に臨む事ができます。借地権販売は単なる机上の交渉ではなく、人とのコミュニケーションでもあります。