借地権売買の相談

話し合い借地権は売買する事が可能です。しかし売買には多くの手続きが必要になります。面倒ですが店で商品を買う事とは違うので、一つ一つの手続きを正確に進める必要があります。これらの手続きは慣れない人にとってはハードルが高く、聞きなれない言葉も多いです。また手続きの内容によっては地主へ確認が必要な項目もあり、時間を取られる可能性もあります。売買には金銭が絡みますから、お互いの要望が合わず話し合いが平行線となったり、トラブルに発展するケースもあります。一度トラブルになると修復が難しく、売買自体成立しない事もあります。

それを避けるためにも借地権の売買は底地取扱店へ相談するのがおすすめです。不動産会社に頼む事もできますが、借地権の売買には消極的な不動産会社があるのも事実です。また借地権の売買は特殊なため、不動産会社の中には知識がない会社もありますから、本当にトラブル修復不可能になるケースもあります。

その点、底地取扱店なら安心です。借地に関してはプロですし、過去の経験からのノウハウもあります。多くの底地取扱店は地主との交渉まで行ってくれます。トラブルはないに越した事はありませんが、不動産会社なら断るような既にトラブルに発展しているケースでも相談に乗ってくれる場合があります。手続きに関してもプロですから、慣れない用語を逐一調べながら自力で進めるより早く確実です。勿論、対応の範囲は店によって異なります。殆どの店舗は相談だけでも受付てくれますから、まずは店舗に赴いて状況の説明から始めても良いでしょう。