店選びのポント

底地取扱店は幾つかありますから、どのような店を選ぶべきか分からない人も多いでしょう。多くの底地取扱店は相談だけでも気軽に応じてくれます。まずは状況を相談し、店舗の雰囲気や担当者の人となりを確認するのがおすすめです。その上で自分にとって最適な底地取扱店を選ぶようにします。

査定額底地取扱店を選ぶためにまず確認したいのは、査定額です。売却の場合は当然、高いに越した事はありません。しかし中には高い査定額を提示し、取り合えず契約に結びつけようとする悪質な店舗もあります。査定額には必ず根拠がありますから、それを聞くようにしましょう。また幾つかの店舗で査定してもらう事で、相場を把握する事もできます。正確な査定には書類上のデータだけではなく、現地調査が必要になります。この現地調査が有料か無料かも確認しておきましょう。必ずしも無料が良いとは限りませんが、複数の店舗にまず査定だけでもしてもらいたい場合は、無料の店舗を中心に依頼をすれば経費を抑えられます。

借地権の売却には書類手続きが必要です。これらの書類は慣れない人にとっては難しく、書類一枚書くのもストレスです。そういった煩わしい書類仕事をどこまで代行してくれるかも店舗を選ぶポイントになります。その分料金がかかる可能性もありますが、慣れない書類手続きは思ったよりも強いストレスになります。手間と金額を照らし合わせ、希望するサービスを受けられる店舗を選びましょう。

【関連HP】ピタットハウス…借地権売却相談


取引の流れ

家借地権売買ではまず、地主の意向を確認する事から始まります。借地権の売買には必ず地主の承諾が必要です。これは最優先で確認される事項です。借地権売買のトラブルは幾つかありますが、その殆どが交渉不足による地主との行き違いです。逆に言うと、ここで地主の意向をしっかりと確認し条件など擦り合わせをしておけば、借地権売買の手続きはグッとスムーズに進みます。

地主との話し合いが終わり承諾を得る事ができて初めて、承諾料、第三者への売却条件など具体的な金額・条件の提案に入ります。この提案に借地権者と地主の両者が納得してようやく、底地取扱店は借地権社の借地権を買取し、借地権者に代わって地主との具体的な交渉に進みます。多くのトラブルはここで発生しますが、それは事前の話し合いが上手くできていないためです。

地主との交渉は金銭面については勿論ですが、土地の使い道についても重要な話合いのポイントです。地主にとって土地は先祖から受け継いだ伝統ある財産です。そこには地主当人でないと分からない思い入れがあります。その土地がどのように使われるのかを具体的に示す事で、地主も安心して交渉に臨む事ができます。借地権販売は単なる机上の交渉ではなく、人とのコミュニケーションでもあります。


借地権売買の相談

話し合い借地権は売買する事が可能です。しかし売買には多くの手続きが必要になります。面倒ですが店で商品を買う事とは違うので、一つ一つの手続きを正確に進める必要があります。これらの手続きは慣れない人にとってはハードルが高く、聞きなれない言葉も多いです。また手続きの内容によっては地主へ確認が必要な項目もあり、時間を取られる可能性もあります。売買には金銭が絡みますから、お互いの要望が合わず話し合いが平行線となったり、トラブルに発展するケースもあります。一度トラブルになると修復が難しく、売買自体成立しない事もあります。

それを避けるためにも借地権の売買は底地取扱店へ相談するのがおすすめです。不動産会社に頼む事もできますが、借地権の売買には消極的な不動産会社があるのも事実です。また借地権の売買は特殊なため、不動産会社の中には知識がない会社もありますから、本当にトラブル修復不可能になるケースもあります。

その点、底地取扱店なら安心です。借地に関してはプロですし、過去の経験からのノウハウもあります。多くの底地取扱店は地主との交渉まで行ってくれます。トラブルはないに越した事はありませんが、不動産会社なら断るような既にトラブルに発展しているケースでも相談に乗ってくれる場合があります。手続きに関してもプロですから、慣れない用語を逐一調べながら自力で進めるより早く確実です。勿論、対応の範囲は店によって異なります。殆どの店舗は相談だけでも受付てくれますから、まずは店舗に赴いて状況の説明から始めても良いでしょう。